kotowasa

ことわざのいみは上手に使うと会話が豊かになります。韓国と日本のことわざを比べると似ているが他のものなどが多いです。たとえば、日本のすずめのなみだはかんこくには鳥の足の血です。とりの足には血がほとんどないからあれほど少ないことを意味します。逃がした魚は大きいは、韓国には ”小川でりゅう(dragon)が出る"のひょうげんをつかっています。小さいかわでとても大きいなりゅうになったというのいみです。同じのはさるもきかららくちるや、かえる子はかえるなどがあります。

どうしてこのポストをかいったかは私もよく分からないです -_-;;