Theme Layout

[Boxed]

Boxed or Wide or Framed

[boxed]

Theme Translation

Display Featured Slider

[No]

Featured Slider Styles

[Fullwidth] [caption2]

Display Grid Slider

[Yes]

Grid Slider Styles

Yes

Display Trending Posts

[No]

Display Author Bio

[no]

Display Instagram Footer

[Yes]
CL2425.com. Powered by Blogger.

kotowasa


ことわざのいみは上手に使うと会話が豊かになります。韓国と日本のことわざを比べると似ているが他のものなどが多いです。たとえば、日本のすずめのなみだはかんこくには鳥の足の血です。とりの足には血がほとんどないからあれほど少ないことを意味します。逃がした魚は大きいは、韓国には ”小川でりゅう(dragon)が出る"のひょうげんをつかっています。小さいかわでとても大きいなりゅうになったというのいみです。同じのはさるもきかららくちるや、かえる子はかえるなどがあります。

どうしてこのポストをかいったかは私もよく分からないです -_-;;
Catalina
2 Comments
Share :

2 comments:

  1. 「鳥の足の血」?同じ鳥だけど、不思議というかずいぶん変わっていますね。
    「小川で龍が出る」というのも面白いですね。本当に韓国は日本と似ていることもあるし、全然違うこともあっておもしろいなぁといつも思います。

    ReplyDelete
  2. ことわざが上手に使えると頭がよさそうに見える/聞こえると思うんですが、どうでしょう?

    鳥の足の血っておもしろいなあと思いました(そして、血が少ないってことも学びました (^^;))。ことわざって連想だから、似ているということは、考えることが同じってことかな。

    ReplyDelete

Follow @CL2425

    limit: 6, sortBy: 'random', template: '
  • ', resolution: 'standard_resolution' }); feed.run();