ドキドキした話

一番最近ドキドキした話

いつ: 一ヶ月前

先生と会って将来にどんな 仕事を持たなければならないか相談をした時です。 多くのオプションに学校を卒業してどんな職業を持つようになるか想像するのが楽しくてとてもドキドキしました。 しかしそれは楽しみだけではなくて学校が最後まで上手ではなければならないという心配も一緒にいて楽しさと心配がまじたドキドキ気持ちでした。


今までで一番ドキドキした話

いつ:5ねんぐらい前

本を出版したということは私において恥ずかしい事だからたくさんの人々が分かることは嫌いでしだから, 新聞やMediaで分かってインタビューをしようとすればとてもドキドキしました。 生まれて初めてメイジャ(?)新聞社でインタビューをした時, とても緊張しました。  何の話をしなければならないか知らなかったから しきりに止めて考える時間のためインタビュー時間がよそうより長かったでした(短い記事だったが3時間以上かかりました)。 その頃にはとても幼くて私の言うことが韓国全国に出るということがこわかったからインタビューする中ずっとドキドキしました。以後のインタビューたちはもうちょっと自然になったが, 初めてしたインタビューはとても恥ずかしくて横でしきりにカメラで写真をとったからなにをするかが分からなかったからドキドキしすぎ(?)ました。 今思えば少しおかしいです。 そのようにまでドキドキした必要はなかったがね。。 何でも初めすることは(特別にインタビューは) とてもドキドキするようです。:p