Tuesday, November 25, 2008

ドキドキした時

イン,インタビューをしようー

私にとって一番ドキドキした時は一番目本を出版した後、初めて新聞社とインタビューをした時である。それは五年ぐらい前の夏であった。 ある日、知らない電話番号から電話がかかってきた。「誰だろう?」と思う考えに電話を受けたら新聞社の記者であった。
「ビートゲド」を書いたカタリーナさんですか?」というに始まり短い通話はインタビューをしようと頼む通話であった。当時私は小説を始めに書いて出版をした初心者作家であった。小説の内容は複雑だが、一般的にアジア人が好きな韓国ドラマみたいなドラマ的要素が多い小説であった。電話を切って長い時間の間何も考えるができなかった。
初めて私の能力で本を出版して、初めてビジネスでインタビューをすると思ったら急に大人になったような感じがした。何日か後にあるインタビューでどんな質問を受けるか考えながらインタビューの日までドキドキしながらすごした。
インタビューをする日はインタビューを始める前にびっくりした。テーブルのいすに座る前にカメラを持っている人が熱心に写真を撮り始めた。恥ずかしがりな性格なので一体どうしたらいいかが分からなかった。
「は, はじめまして。カタリーナです。」という少しぎこちないあいさつで自己紹介をした。「カタリナさん、嬉しいです。何々新聞社の何々記者です。」 韓国では幼い人に「さん」を使わないから両親や出版社の社長から聞いた事がない「さん」を名前の後に付けてくれることが変であった。
インタビューをして見た経験がなくて何を言うか分からなくて初めにする簡単な質問にも時間がたくさんかかった。それにまたソウルの中心地にある大きいカフェーでインタビューをしてあたりの人々は「写真を撮ってインタビューをするあの女は誰か? 」という感じでしきりに私たちが座っているテーブルを眺めいた。
「初めて小説を書こうと思ったことはいつですか?」という簡単なしつもんもドキドキしすぎたら「え。。うん。。い、一年ぐらいまえ。。。です。。」という風にこたえてしまった。
元には一時間ぐらいインタビューをしたことを予想していたが、私があまりドキドキするせいで三時間以上インタビューをしなければならった。面白いエピソードはこの日インタビューをしながら取ったすべての写真を使うことができなくなったということである。私が緊張しすぎて意識しなかったんが写真を取る度に顔を回すとか全部表情がとても深刻なものなどなので結局はパスポートにある写真をeメールで記者に送らなければならなかった。その後にその記者のおかげでたくさんの人々からインタビューのいらいを受けって助けもたくさん受けったが、お互いに忙しいという理由で会わなかった。
今思えば少しおかしいである。そのようにまでドキドキする必要はなかったんであるが。。何でも初めてすることは(特にインタビューは) とてもドキドキするようである。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...