ペンギンについて。

わたし、動物が大好きですが、やっぱりいちばんすきなどうぶつはPenguin (ペンギン)とSnow Leopard(ユキヒョウ→)です。今日はペンギンについて話したいです。


ペンギンは本当に不思議な動物です。鳥の一種だが, 一般的な鳥と違い、飛ぶことができません。 羽の中の骨は軽くなくて, 人間や飛ぶことができない動物の骨のようにペンギンの挫いても奥たちがないです。 ペンギンはむしろ海の魚に似ています。 羽で飛ばないが、 海の中を永ぐ時羽はおびただしい加速を加えます。 また身は 20分間水中で息をしなくても良く進化しました。ペンギンの毛も一般の毛とは違い非常にぎっしりと出て身の温度が下がらないようにする役目が大きいです。

一般的にペンギンは南極に住むという考えをする人々が多いのに、それは事実ではないです。 ペンギンは海や南極周辺にある島やアフリカ, アゼンティナのような大陸部分に分布して住みます。南極でペンギンを見られることはつがいにするとあかちゃんぼうの成長がおわるまでの期間だけです。 大部分のペンギンたちは南極へ行く事がないです。南極で一番よく見られるペンギンたちは私たちに一番親しいエンペラーペンギンとアデリーペンギンです。

Emperor Penguin w/ chicks _____________Adélie Penguins


エンペラーペンギンはペンギンの種類の中一番大きな種です。ほかのちいさいペンギンたちはたまごをふたつぐらいうむけど、エンペラーペンギンは一つだけうまらないです。理由は簡単です。アデリーペンギンやチンストレプペンギン(Chinstrap)みたいな小さなペンギンたちは陸地に石を積んで巣を作ってたまごを抱きます。エンペラーペンギンは南極の冬の間に凍った海氷の上で卵を自分の足の上に抱くから一つ以上の卵のための空間もなくて、 連れて巣もないです。あかちゃんのせいちょうが終わた時頃南極海の氷が全部とけるから、もう成長した赤ちゃんたちと両親たちみんな海に帰ります。



エンペラーペンギンのロケットみたいなジャンプ!すごいでしょ?